高速シュートの投げ方・握り方

取得難易度:★★☆☆ 制球力:★★★☆ 変化度:★★☆☆ 負担度:★★★☆ 総合評価:★★★★☆
球種タイプ:かなりの高速で利き腕方向に曲がる球 投球の目的:打ち取る、ゴロ、ゲッツー


高速シュートって??

かなりのスピードが出るシュートで、現在の日本球界でのシュートはこれが主流。普通のシュートより負担も軽く、習得もしやすい。中にはロッテの小林雅英投手のようにストレートより早くなる選手もいる。巨人の西村選手はストレートと同じく150キロ以上出る。ツーシームと似た投げ方であるのでツーシームとまとめられる場合もある。

高速シュートの握り方

ツーシームのように指を縫い目にかけて握る。もしくは縫い目が細くなった部分に中指と人差し指を揃える。

     q qq

高速シュートの投げ方

肘はひねらずに指先の加減で投げて曲げる。リリース時に人差し指に力を入れて投げるのが基本。ストレートと同じような腕の使い方でよい。するとかなりのスピードでシュートがかかる。

高速シュートの変化&落ちるシュート

ストレートとほぼ同じ球速・球道で手元でいきなり利き腕方向に曲がる。右バッターからすれば脅威の変化球です。同じにぎりでも深く握り、ちょっとした指先の力加減で投げると落ちるシュートになるそうです。

高速シュートのまとめ

高速でストレートと思いバッターが振ると手元で自分に向かって曲がってきた・・・
そうやって軌道が自分に向かってくるとボールを線の動きで捉えにくくなるので、
手元にくる高速シュートは右バッターに有効な変化球です。


 


 

この記事もあわせて読まれています。


 

エースになりたい、プロになりたい人必見のDVD

「前田健のピッチングメカニズム論」は、今後本格的に投手を目指す方、さらにプロの世界で活躍することを目指している方は必見です!DVDを見終わったら、すぐにでも鏡を見ながら自分のフォームをチェックするはずです!

>>前田健のピッチングメカニズム論