ストレートの投げ方・握り方

取得難易度:★☆☆☆ 制球力:★★★★ 変化度:★☆☆☆ 負担度:★☆☆☆ 総合評価:★★★★★
球種タイプ:ストレート 投球の目的:投球の中心で使う

ストレートについて

ストレートも立派な変化球、バックスピンによりまっすぐ進む変化球です。バッターの手前でも減速しにくい球種です。一般的にはフォーシームと呼ばれるものがストレートです。

通常のピッチャーでは、このストレートを中心に投球を組み立てることになるので、一流のピッチャーを志すものは、いかにこのストレートを磨くかが最も重要な要素といってもいいでしょう。



エースになりたい、プロになりたい人必見のDVD

「前田健のピッチングメカニズム論」は、今後本格的に投手を目指す方、さらにプロの世界で活躍することを目指している方は必見です!3枚のDVDを見終わったら、すぐにでも鏡を見ながら自分のフォームをチェックするはずです!

>>前田健のピッチングメカニズム論

ストレートの握り方

ooooooooooooo

基本となるのは人差し指・中指・親指の3本でホールドすること。そして重要となるのが折り曲げた薬指と小指。このすべてがぴったりとホールドできること。 ストレートの場合、縫い目にしっかり人差し指・中指がかかると、回転が増え、威力がさらに増します。投球の基本となる球種なのでじっくり磨いていきましょう。

人によって向き不向きがあるが、人差し指と中指の感覚は狭いほうが良い回転がかけられると言われている。手のひらとボールの間には空間を作ること。薬指と小指は軽く添える。なお深く握るほど回転はかけにくくなるが、球質が重いストレートになる。詳しい指のボールへのかけ方については直球の握りの豆知識へ。

ストレートの投げ方

手の絞りとスナップ

テークバックからいかに手首の力を抜き、スナップを効かせて投げるかでさらにストレートは威力が変わってくる。ボールを上からつまみあげるようにテークバックする。そしてしぼりができていれば、手首とヒジは自然に曲がる。

テークバックからの投球のイメージ

左足の付け根をあげるイメージで右足でスムーズに立つ。そして左肩の開きを我慢しながら尻をキャッチャー方向にスライド、左腕を親指側にひねりながら胸を大きく張る。そしてつま先をキャッチャーへ向けて左足を踏み出す。

テイクバックのときに腕はセンターに向けるようにすれば、スムーズに腕の振り出しが可能となる。そして、体の開きを抑えて「タメ」を作る。その際、アゴをひきつけてキャッチャーミットを見て、左肩をキャッチャー側に向けて腕のスイングをスタートする。そしてバッターに胸を見せるのをギリギリまで耐える。

リリース

バッターに近い場所まで粘ってボールを離す。その際、腕を上向きにひねるのがナチュラルなリリース。左腕を外側にひねってグローブを左胸の前に納める。体がフルに使われていればつま先ノ跡が右斜め方向へつきます。脱力して投げるイメージし、スナップを効かせて投げることが重要となる。もしも投球時に肘が肩より下となると、勢いよく腕が振れない。ヒジ⇒手首⇒指先の順に動かし最後にリリースする。

フィニッシュ

投球ごとにフィニッシュの形を意識し、同じ形で終われる様だと球威も安定してくる。
投げ終えた後はバッターに正対する。

ストレートまとめ

ストレートは投球の基本

ほとんどのピッチャーの基本の球種であり、体への負担が最も少なく、通常はこのストレートを中心に投球します。キレがよくノビのあるストレートは体全体のパワーをフル活用して投げる。そのためには下半身のリードは不可欠。

したがって、投手は下半身が大事である。そのためには、柔道の一背負いのように腰を立てに回転させつつ、胸を思い切り張ってから腕をシャープに振りぬく。そして、自分が投げやすいナチュラルな腕の高さから、右ひじを右肩より高く上げて投げるとキレのあるストレートが投げれる。


 

この記事もあわせて読まれています。

 


 

注目のピッチング教材はごらんになられましたか??


このトレーニングメニューは、既に誰が実践しても結果がでる実績とデータがあります。
ですから、あなたに10km/hの球速アップを保証します!

もし、トレーニングメニューを1年以内に 3ヶ月以上実践したにも関わらず、
効果が全く現れなかった場合、ご購入金額・全額をお返しすることを約束さてています、
本格派ピッチャーを目指すのであれば是非お試しください!!


>>短期間で球速が大幅アップ!森部氏が教える、ピッチングスピードアッププログラム

人気の野球上達情報をピックアップ!

沢村遼のメルマガを受講しませんか?

contact

野球・ソフトボールに長年携わってきた沢村遼が、あなたのためにピッチング・バッティング・走塁・守備上達方法を伝授します!沢村遼の【無料】野球上達メールマガジン&メルマガ講座を受講して、あなたの技術をさらに上達させませんか??
沢村遼の【完全無料】野球上達講座&メルマガ受講はこちらから