プロ野球選手のチェンジアップの握り方・投げ方

変化球というものはただ投げれればいいというわけではなく、変化量、キレなど様々な武器をもっていないと簡単に打たれてしまいます。それがプロの世界であればなおさらです。このページでは日本やメジャーリーグで活躍する選手のチェンジアップの投げ方・握り方をご紹介いたします。


DeNAベースターズ 三上投手のチェンジアップについて

今DeNAベースターズで活躍する三上投手のチェンジアップをご紹介いたします。三上投手が理想としているのが、ひとつの変化球が、かつて大魔神と称えられた佐々木投手のように、「分かっていても打てない」と言われるような変化球に精度を上げて、ストレートとその変化球の2種類で抑えられるようになることだそうです。

その上で三上投手が武器としている変化球がスライダーで、ストレートとスライダーのキレで勝負するうえで重要なのがチェンジアップということだそうです。そんな三上投手のチェンジアップの秘訣を解説いたします。

三上投手のチェンジアップの握り方・投げ方

サークルチェンジの握りと同じです。
親指と人差し指でOKの字を作るように握ります。

chie chiee

三上投手のチェンジアップの重要なポイントはうまく「抜くこと」です。
ポイントは・・・

■しっかりとスッポ抜けるように中指には力を入れないこと
■人指し指と薬指でフォ―クのようにしっかり挟む
■ストレートと同じように腕を思い切り振る
■あとは腕を思い切り振りボールが抜けるような感覚でなげる

ということです。是非活用してみてください。


 


 

この記事もあわせて読まれています。


 

エースになりたい、プロになりたい人必見のDVD

「前田健のピッチングメカニズム論」は、今後本格的に投手を目指す方、さらにプロの世界で活躍することを目指している方は必見です!DVDを見終わったら、すぐにでも鏡を見ながら自分のフォームをチェックするはずです!

>>前田健のピッチングメカニズム論