プロ野球選手のカーブの握り方・投げ方

変化球というものはただ投げれればいいというわけではなく、変化量、キレなど様々な武器をもっていないと簡単に打たれてしまいます。それがプロの世界であればなおさらです。カーブは基本的な変化球だからこそ、派生が多くその投手独自のカーブを持っていることがおおい傾向にあります。このページでは日本やメジャーリーグで活躍する選手のカーブの投げ方・握り方をご紹介いたします。


広島カープ篠田純平投手のカーブの握り方・投げ方

今広島カープで活躍している篠田投手の武器とも言えるカーブ。実は、あまり自信を持っているわけではないということだから驚きです。しかし、緩急をつけるという意味ではかなりピッチングの幅を広げることが出来るので重要視しているそうです。そんな篠田投手のカーブの秘訣をご説明いたします。

篠田投手のチェンジアップの握り方・投げ方

篠田投手のカーブは驚くことに、ストレートと同じ握りだということです。
中指に人さし指を寄せるようなこともせずに投げているそうです。

jjlll

篠田投手がカーブを投げるときに意識しているのは、

「このあたりから曲げたい」と思うポイントに向かって人さし指と中指を差すようにリリースすることだそうで、腕の振りとか手首の角度など、いろいろなことを意識して投げるより、左打者の腰あたりを狙って指を差すと低めのストライクゾーン近くにいくとか、バッターボックスの内のライン辺りを差すとボールゾーンまで曲がるといった基準を持って投げれているそうです。

カーブという変化球はやはり基礎中の基礎、だからこそ小手先のごまかしが利かない球でもあります。あなた独自のカーブを是非習得してくださいね。

 

 

 


 


 

この記事もあわせて読まれています。


 

エースになりたい、プロになりたい人必見のDVD

「前田健のピッチングメカニズム論」は、今後本格的に投手を目指す方、さらにプロの世界で活躍することを目指している方は必見です!DVDを見終わったら、すぐにでも鏡を見ながら自分のフォームをチェックするはずです!

>>前田健のピッチングメカニズム論