スラーブの投げ方・握り方

取得難易度:★☆☆☆ 制球力:★★★☆ 変化度:★★★☆ 負担度:★★☆☆ 総合評価:★★★☆☆
球種タイプ:高速カーブ 
投球の目的:万能型


スラーブって??

投手の利き腕と反対方向に曲がり、カーブのように曲がりながら落ちる変化球である。
そのほとんどは切り方を深くしたスライダーである。スライダーとカーブの中間でスラーブ。
投法はスライダーとほぼ同じであるが、カーブ程大きく山なりにはならない。
スラーブは非常に習得しやすく、変化球をはじめて覚えるには適した変化球です。

カーブと同じぐらい曲がりやすく、カーブより簡単に投げれる上に変化がそこそこ大きいので、
スライダー代わりに使う人も少なくはありません。ちなみに木田投手はこの変化球を「カイダー」と呼んでいた。
実況パワフルプロ野球の変化球「Sスライダー」はこれだと言われることもある。

(正確にはSスライダーのSは中日の野口(元)投手の名前からS)変化が斜めになるので、
斜めスライダーと分類されることがある。速さも意外と速く、スライダーの代わりに使う投手も増えている。

スラーブの握り方

フォーシームスライダーのように握るか、カーブをずらした握り方のどちらかで握ります。
最近ではスライダーの握りをさらに深くして投げ方が主流のスラーブとなっている。

omiomii

スラーブの投げ方

リリース時、捻ったり抜いたり切ったりするなど何も考えずに振り下ろして投げる。
腕を思い切り振ればその分変化量やキレも上がる。

スラーブの変化

カーブの特徴である一時浮かび上がるという特徴を持ち、スライダーのように激しくクロス方向に変化する。
変化としては斜め変化のスライダーに近いが、それより少し縦変化が大きく、球速もそこそこ早い。

スラーブのまとめ

習得するのも簡単で使い勝手もいい変化球です。変化球をマスターするなら
まずは習得してみるのをオススメします。

 


 


 

この記事もあわせて読まれています。


 

エースになりたい、プロになりたい人必見のDVD

「前田健のピッチングメカニズム論」は、今後本格的に投手を目指す方、さらにプロの世界で活躍することを目指している方は必見です!DVDを見終わったら、すぐにでも鏡を見ながら自分のフォームをチェックするはずです!

>>前田健のピッチングメカニズム論