スローカットの投げ方・握り方

取得難易度:★★☆☆ 制球力:★★☆☆ 変化度:★★☆☆ 負担度:★★☆☆ 総合評価:★★★☆☆
球種タイプ:利き手と逆に変化するストレート 
投球の目的:打ち取る


スローカットって??

元巨人の吉武投手が投げていた変化球で、特徴としてストレートより遅いのにバッターの手元でシュッといきなり大きく曲がるので詰まりやすく、当てにくいのでゴロが多発しやすいというカットボールよりも球速が遅い分、変化量を増やしたことでゴロにさせやすいという変化球です。

スローカットの握り方

握りはカットボールと同じです。一つは中指は縫い目にかけ、人差し指は添える。ツーシームの右の縫い目にだけ指をかけるイメージでもよい。もう一つは直球の握りから人差し指をわずかに中指のほうにずらして握る。ストレートの握りから人差し指と中指を横にずらすというのが一般的な握りだと思います。

           123

スローカットの投げ方

手首を立ててすごく回転をかけるつもりで投げることが大切です。
簡単に言うと「じっくりカットする」みたいな感じです。

スローカットの変化

ストレートと約20km/h差あるで遅い球だと思ったらいきなり手元で横に大きく曲がります。

スローカットのまとめ

これを利用すれば打たせて取れる投球ができますが、チェンジアップと同様に直球が弱ければ何の意味がありません。まずは直球を磨いてマスターしましょう。


 


 

この記事もあわせて読まれています。


 

エースになりたい、プロになりたい人必見のDVD

「前田健のピッチングメカニズム論」は、今後本格的に投手を目指す方、さらにプロの世界で活躍することを目指している方は必見です!DVDを見終わったら、すぐにでも鏡を見ながら自分のフォームをチェックするはずです!

>>前田健のピッチングメカニズム論