カットファストボール(カットボール)の投げ方・握り方

取得難易度:★★☆☆ 制球力:★★☆☆ 変化度:★☆☆☆ 負担度:★☆☆☆ 総合評価:★★★☆☆
球種タイプ:打ち取るスライダー 
投球の目的:打ち取る、ゴロにする、ゲッツー


カットファストボールって??

名前の由来は直球の握りから人差し指をわずかに中指のほうにずらして握り、リリースの際は斜めにボールを切るように投げることからこの呼び名がついたようです。
通称カッターやカットボールとも呼ばれ、現在上原投手、川上憲伸投手など、かなりの投手が活用しています。

カットボールは小さく変化して芯をはずす球種。ちょうどストレートとスライダーの中間ぐらいにあたる。
ストレートと思わせてバッターを凡打に打ち取るする変化球です。

カットファストボールの握り方

一つは中指は縫い目にかけ、人差し指は添える。ツーシームの右の縫い目にだけ指をかけるイメージでもよい。

もう一つは直球の握りから人差し指をわずかに中指のほうにずらして握る。ストレートの握りから人差し指と中指を横にずらすというのが一般的な握りだと思います。 その握りで、ストレートと全く同じつもりで投げたり、切るイメージを持ったりと投げ方は十人十色です。

    11 12

カットファストボールの投げ方

基本的にはリリースの際は斜めにボールを切るように投げる。プロの場合はストレートの握りで少し、リリースのイメージをかえてカットボールにする人もいる。

ちなみに2こ目の握りのコツは、ストレートよりも少し遅らせて投げること。指先だけで切るように投げると投げやすい。

カットファストボールの変化

概してその変化はさほど大きくないが、むしろそのために、打者の目から見ると手元に来るまでストレートと見分けがつかないことが多い。

打者にとってはストレートでないと判った時にはすでに振ってしまって、バットの芯を外されて凡打することが多く、実際、主にその目的で使われる。カットボールに大きな変化はいらない。

速さと鋭さを追求し、変化は小さいほうがよい。⇒ジョニー黒木の魂のエース育成プログラム!

カットファストボールのまとめ

カットボールの目的はゴロにすること、打ち取ること。三振を取るための球種ではありません。空振りをとるためにカットボールを投げるのは、カットボールを投げる意味がありません。

カットボールに大きな変化はいらない。速さと鋭さを追求し、変化は小さいほうがよい。


 


 

この記事もあわせて読まれています。


 

エースになりたい、プロになりたい人必見のDVD

「前田健のピッチングメカニズム論」は、今後本格的に投手を目指す方、さらにプロの世界で活躍することを目指している方は必見です!DVDを見終わったら、すぐにでも鏡を見ながら自分のフォームをチェックするはずです!

>>前田健のピッチングメカニズム論