死神の鎌(岩瀬スライダー)の投げ方・握り方

取得難易度:★★★★ 制球力:★★☆☆ 変化度:★★★★ 負担度:★★☆☆ 総合評価:★★★★
球種タイプ:真横スライダー 
投球の目的:オールラウンド


死神の鎌(岩瀬スライダー)って??

細身ながら淡々と無表情のまま打者を打ち取っていき、 また背番号が「13」で、
決め球の打者の手元で鋭く大きく曲がるスライダーが鎌を思わせることなどから、
ネット上では岩瀬は死神とも呼ばれ、岩瀬のスライダーは(死神の)鎌とも呼ばれる。

余談ですが 真ッスライダーはスライダー回転するストレートという見方をしているサイトもあり、
wikipediaでは、真ッスライダーはカット・ファスト・ボールの一種で、岩瀬のスライダーは、
高速スライダーであると説明されています。

F1010258.JPG

斜めスライダーの投げ方

手首と体を使ってスライダーを投げるということです。普通の投手は手首を外側にひねって曲げるが、彼の場合は体も逆側にひねるため、よりキレが増す。体ごとひねってスライダーをなげることで手首でひねる以上にボールに回転が加わり、キレがまします。岩瀬はスリークォーターサイド気味の投げ方をしています。このリリースによって真横の回転がかかるとも言われています。

斜めスライダーの変化

岩瀬の最大の武器といえる球種で、全投球の5割近くを占める。このスライダーは切れ味鋭く大きく真横に滑るように曲がるため、特に左打者にとっては「魔球」とも言われる。しかも直球とスライダーの軌道も途中までほぼ同じで、投球フォームも見分けがつきにくい。岩瀬はキャッチミットのど真ん中に投げたらボール3個分外れるほどの変化だそうです。

斜めスライダーのまとめ

「全盛期に比べかなりキレが落ちてきた」と言われる岩瀬ですが、バリエーションと確かな制球力。進化する投球が、守護神であり続けられる理由なのかもしれませんね。

 


 


 

この記事もあわせて読まれています。


 

エースになりたい、プロになりたい人必見のDVD

「前田健のピッチングメカニズム論」は、今後本格的に投手を目指す方、さらにプロの世界で活躍することを目指している方は必見です!DVDを見終わったら、すぐにでも鏡を見ながら自分のフォームをチェックするはずです!

>>前田健のピッチングメカニズム論