シュートの投げ方・握り方

取得難易度:★★★☆ 制球力:★★☆☆ 変化度:★★★☆ 負担度:★★★★ 総合評価:★★★★
球種タイプ:利き腕方向に曲がる球 
投球の目的:打ち取る、ゴロ、ゲッツー

エースになりたい、プロになりたい人必見のDVD

「前田健のピッチングメカニズム論」は、今後本格的に投手を目指す方、さらにプロの世界で活躍することを目指している方は必見です!3枚のDVDを見終わったら、すぐにでも鏡を見ながら自分のフォームをチェックするはずです!

>>前田健のピッチングメカニズム論

シュートとは?

変化球の中でも球速は速い部類で、右投手であれば右打者に対しては食い込むように変化するため、ダブルプレイを狙って詰った当たりをさせやすく、凡打、特にゴロを打たせやすいのが特徴です。

ファウルを打たせてカウントを稼ぎたいときなど、さまざまなポイントで活用できる習得できたら有効的な変化球です。コントロールさえつければ長打や犠牲フライを抑えることができるなど重宝します。

投手から見てバックスピンと逆方向の回転が若干かかるために、回転方向の関係でバットと反発した際に落ちる方向に打球が飛びやすくなる。これもゴロを打たせやすい理由のひとつである。最近の日本で主流のシュートは高速シュートです。

シュートの握り方<その1>

そのまず左スピンをかけやすくするため、中指と薬指でボールを挟みます。中指と薬指で挟む場合は、抜くようにして投げるとよく曲がる。握る段階から人差し指もやや力を入れておくと回転をかけやすい。人差し指に力を入れてリリースできる握り方を工夫しよう。カーブやスライダーと反対の横回転をかければいい訳なので、握り方にはこだわらなくてもいいでしょう。どちらかと言うと投げ方に重心、コツを要する変化球です。

133 144

シュートの握り方<その2>

普通のストレートの握りを左にずらし、投球時に人差し指に力を入れることでシュート回転させる投げ方。どちらかといえば高速シュートに近いが、中指と薬指の間から抜いて投げるようなイメージで。

166

シュートの投げ方

シュートは相手にぶつけるくらいの覚悟がないと投げにくい球です。実際、デットボールでなることもしばしば。握るときに軽く内側に捻る。中指と薬指で挟む場合は、抜くようにして投げるとよく曲がる。基本的に投げるときに意識して外向きに手首をねじってやればいいのですが、身体の負担はかなりのもの。投げ方は沢山あり、人差し指を縫い目をかけリリース時に人差し指に力をこめる方法はオススメ。高速シュートに向いています。

シュートの変化

その球速と初期の球筋は他の変化球と比較しても直球に近く、右投手であれば右打者に対し近づくように変化する。そのため直球であると錯覚しスイングした場合はバットの根元に当たることになり、ゴロを打たせて取るのに非常に有効な球種とされている。シュートは利き腕方向に曲がる変化球で、右利きが多い野球においては有効な変化球です。インコースに曲がるため、右バッターは詰まらされてしまいます。

左バッターは外に逃がすことで三振を取ることも。シュートには曲がりながら沈むものと、縦方向にはほとんど変化せず横に曲がるものがある。後者の内、直球に劣らぬ球速があり、なおかつ打者の手元で鋭くホップ気味に曲がるものが存在し、シュートの中でも最も威力あるものとされる。

<補足情報>シュート派種:スローシュートの投げ方と変化

スローシュートはプロでも使っている人がおり、普通のシュートより変化は大きいですが、バレーのスパイクのように手首を曲げます。スローボールぐらいのスピードで、シュートと同じ腕の振りで投げます。提供者:鹿児島さん

シュートのまとめ

リリースの際に肘を使って手首を捻る動作を加えることでこの変化球を投じている投手が多く、肘を痛めやすいと考えられている最近では主にツーシームの握りから人差し指に力を入れる感覚で投げる。現実この投げ方でシュートを投げる投手は多い(高速シュート)。

シュート投手として有名な平松政次は指を縫い目にかけず、やや肩の開きを早くすることによってシュートを投げていたため、シュートによる肘の故障はなかったと言われています。シュートを実戦で使う上でどうしても必要なのがコントロールです。シュートは相手の身体近くを狙う変化球ですから、コントロールが悪ければ使い道がありません。デットボールでランナーを出して自滅しては意味がない。

球速や変化幅、投球モーションなど色々考えたい事はあるのですが、まずはコントロールをつけましょう。軌道が自分に向かってくるとボールを線の動きで捉えにくくなるので、手元にくる球種のシュートは右バッターに有効な変化球です。

特にベースをかするようなシュートを投げられれば、左バッターにも有効となってきます。確かに、シュートはゴロを打たせやすいため、ゲッツーをとるのに適した球ですが、身体の負担は大きいという弱点があります。多投は避けることをお勧めしておきます。


 

 


 

注目のピッチング教材はごらんになられましたか??


このトレーニングメニューは、既に誰が実践しても結果がでる実績とデータがあります。
ですから、あなたに10km/hの球速アップを保証します!

もし、トレーニングメニューを1年以内に 3ヶ月以上実践したにも関わらず、
効果が全く現れなかった場合、ご購入金額・全額をお返しすることを約束さてています、
本格派ピッチャーを目指すのであれば是非お試しください!!


>>短期間で球速が大幅アップ!森部氏が教える、ピッチングスピードアッププログラム

人気の野球上達情報をピックアップ!

沢村遼のメルマガを受講しませんか?

contact

野球・ソフトボールに長年携わってきた沢村遼が、あなたのためにピッチング・バッティング・走塁・守備上達方法を伝授します!沢村遼の【無料】野球上達メールマガジン&メルマガ講座を受講して、あなたの技術をさらに上達させませんか??
沢村遼の【完全無料】野球上達講座&メルマガ受講はこちらから