カミソリシュートの投げ方・握り方

取得難易度:★★★★ 制球力:★★★☆ 変化度:★★★★ 負担度:★★★☆ 総合評価:★★★★★
球種タイプ:かなりの高速で利き腕方向に曲がる球 
投球の目的:打ち取る、ゴロ、ゲッツー


カミソリシュートって??

球速もあり切れがよく変化量も大きいシュートを、マスメディアがカミソリシュートと呼ぶことがある。
この名前で呼ばれた投手としては秋山登、平松政次らがいるが、平松本人は普段からただのシュートであると述べている。ここでは平松元投手のカミソリシュートについて紹介しています。

カミソリシュートの握り方

これは平松元投手のシュートの握り方。指は縫い目にかけないで握る。
縫い目にかからないのであればどこでもいい。

66

カミソリシュートの投げ方

やや肩の開きを早くすることによって通常よりも早く体を開くことによりさらにシュート回転をかけていたらしい。両名ともリリースに際し捻りは加えておらず、シュートによる故障はなかったという。

■カミソリシュートの投げ方2

カミソリシュートと同じような握りですが、縫い目にかからない直前の凹んでる位置に人差し指中指をおきます。親指は逆に変化するようなイメージの場所においておき、それぞれ3つの指の第一間接に力をいれ、はじくというイメージで投げます。そして右バッターから見てアウトコースないしは真ん中を狙うようにしてインコースにストレート同じようなスピードで、急に大きく変化するようになれば成功です。

カミソリシュートの変化

右打者に向かって曲がり体にぶつかるのではないかと恐怖するほどのキレを持っており、
例えば長嶋茂雄は平松に対しての対戦打率は.183で、平松のことを最後まで苦手にしていたといいます。

カミソリシュートのまとめ

基本的に、異常にキレや変化量をもつシュートをカミソリシュートと言う。あなたもシュートを習得し、磨き続ければ「カミソリシュート」と呼ばれる日が来るかもしれませんね。シュートは負担が強いので、何より負担がかかりにくい投げ方をマスターしましょう。変化はその次です。

 


 


 

この記事もあわせて読まれています。


 

エースになりたい、プロになりたい人必見のDVD

「前田健のピッチングメカニズム論」は、今後本格的に投手を目指す方、さらにプロの世界で活躍することを目指している方は必見です!DVDを見終わったら、すぐにでも鏡を見ながら自分のフォームをチェックするはずです!

>>前田健のピッチングメカニズム論