シュート系の変化球の投げ方・握り方

シュートとは野球における変化球の一種で、投手の利き腕のほうに反り返るような軌道を取って変化します。

カープの黒田投手や古いところで言えば東尾修元投手が代表例として挙げられますが、空振りをとるための変化球という印象は薄く右投手なら右打者を、左投手なら左投手を打ち損じさせて詰まらせ、ゴロを打たせるための変化球と言えます。


高い制球力を伴ってこのボールを自在に操ることができれば非常に心強い武器となってくれますが、その一方で打者のインコースにシュートを制球できず真ん中寄りに投じてしまった場合、打者から見れば打ちづらい外角から自分のほうに向かってきてくれる絶好球として捉えられてしまうこともしばしばです。

ストレートの調子が悪い時、回転軸がブレてシュート回転した、というのもこのような事情から打たれやすいと言えるでしょう。往年の名選手は類稀なるコントロールとシュートの完成度を両立させている場合がほとんどです。

また、回転の方向から強い回転をかけようとすると肩や肘に負担をかけてしまう場合があります。主流なのはストレートの握りを少し寄せた形でストレートと同じ腕の振りで投げるもの、球種は変わりますがツーシームの握りをして制球することで打者の胸元へ切れ込ませるものです。

使いこなせば大きな武器となる変化球だけに、自分に合った握りの模索が不可欠です。

その他のシュート系変化球一覧

シュートの投げ方・握り方

高速シュートの投げ方・握り方

スリーフィンガーシュートの投げ方・握り方

フォッシュの投げ方・握り方

フォーシーム高速シュートの投げ方・握り方

カミソリュートの投げ方・握り方


 


 

この記事もあわせて読まれています。


 

エースになりたい、プロになりたい人必見のDVD

「前田健のピッチングメカニズム論」は、今後本格的に投手を目指す方、さらにプロの世界で活躍することを目指している方は必見です!DVDを見終わったら、すぐにでも鏡を見ながら自分のフォームをチェックするはずです!

>>前田健のピッチングメカニズム論