ジャイロカッターの握り方と投げ方

取得難易度:★★★★ 制球力:★★☆☆ 変化度:★☆☆☆ 負担度:★★☆☆ 総合評価:★★★★☆
球種タイプ:打ち取るスライダー 
投球の目的:打ち取る、ゴロにする、ゲッツー


ジャイロカッターって??

2010年オールスターで日本ハム・ダルビッシュ投手が新変化球を使用した。
それはカットボールの軌道で浮き上がる「ジャイロカッター」だ。

天才的な感覚を誇る指先がメジャーでもめったにお目にかかれないジャイロボールと同じ回転を生み出した。
通称「ライジングカットボール」と呼ばれるダルビッシュの魔球だ。。

ジャイロカッターの握り方

カットボールと同じで、直球の握りをわずかにズラし、リリースポイントで押し出して横回転をつける。

99

ジャイロカッターの投げ方

カットボールを投げるリリースの向きを変えて、押し出す感じでリリースする。
コツとしてはリリース時にボール右下を切るイメージ。

ジャイロカッターの変化

球速は140キロ半ばで、カットボールと同じ。4回に対戦した阿部は
「アンダースローのように浮くボール。ファウルでしのぐのが精いっぱいだった」
「サイドとかアンダースローのようなふわっと浮くボール」と説明した。
普通のカットボールは少し落ちるが、そのまま横に曲がるイメージ。

アンダースローのスライダーのような球筋だとか。ダルビッシュ投手とバッテリーを
組んだ嶋捕手のコメントより、「左打者の胸元には浮き上がり、右打者の外には沈む。
変化はさまざま。速いスライダーのようです」だとか。

ジャイロカッターのまとめ

右打者に有効で、浮くボールがあれば、スライダーなどの落ちるボールも有効になる。
習得は異常に難しいと思いますが試してみる価値はあるかと思います。

 

 

 


 


 

この記事もあわせて読まれています。


 

エースになりたい、プロになりたい人必見のDVD

「前田健のピッチングメカニズム論」は、今後本格的に投手を目指す方、さらにプロの世界で活躍することを目指している方は必見です!DVDを見終わったら、すぐにでも鏡を見ながら自分のフォームをチェックするはずです!

>>前田健のピッチングメカニズム論