スロースライダーの投げ方・握り方

取得難易度:★★☆☆ 制球力:★★☆☆ 変化度:★★★☆ 負担度:★★☆☆ 総合評価:★★★☆☆
球種タイプ:ゆっくりスライダー 
投球の目的:緩急をつける、打ち取る


スロースライダーって??

ゆっくりスライド回転する変化球で、これを投げることで有名な選手は楽天の岩隈投手です。
緩急をつることができる上に大きく変化をする、打ち取るのに適した変化球です。

スロースライダーの握り方

ツーシームと同じく、ボールの2本の縫い目に人差し指と中指を沿わせて握る。

4

スロースライダーの投げ方

リリース時に転がしながら切ります。人差し指を立てた感じにして中指・薬指で握るという方法でも投げれます。

スロースライダーの変化

ゆっくりスライド回転します。遅めの変化球なのでタイミングがわかりにくく、芯を外されやすい。遅い変化球は遅いほうが変化量が増えますが、限度を超えると変化はないので注意。

スロースライダーのまとめ

非常に緩急がついた上に芯を外されやすいのですが、タイミングさえ合えば豪打者に力でもっていかれる可能性もあります。ストレートと区別がつきにくい投げ方をマスターしましょう。


 


 

この記事もあわせて読まれています。


 

エースになりたい、プロになりたい人必見のDVD

「前田健のピッチングメカニズム論」は、今後本格的に投手を目指す方、さらにプロの世界で活躍することを目指している方は必見です!DVDを見終わったら、すぐにでも鏡を見ながら自分のフォームをチェックするはずです!

>>前田健のピッチングメカニズム論