スパイクドロップの投げ方・握り方

取得難易度:★★★☆ 制球力:★☆☆☆ 変化度:★★★☆ 負担度:★★☆☆ 総合評価:★★★★
球種タイプ:利き腕と逆方向に鋭く曲がる球 
投球の目的:空振りを取る


スパイクドロップって??

スパイクカーブアレンジした変化球です。ヤンキースのA・J・バーネット投手が使用しているカーブも恐らくこれに似たタイプです、他にもペドロ・マルチネス投手のハードカーブにも近いかもしれません。

スパイクドロップの握り方

ストレートをズラらしたスライダーの握りで中指を縫い目にかけ、人差し指を縫い目に突き立てます。手首はできるだけ固定させていますが力みすぎると引っかかってバウンドしやすいので気をつけてください。振りはリリース直後に腕を体に巻きつける感覚ですができるだけ下向きにイメージした方が縦に落ちます。

jhjh

スパイクドロップの投げ方

地面に叩きつける感覚で投げます。スピンは中指でかけ、突き立てた人差し指は押し出すように使います、この人差し指の力の入れ具合でコントロールが変わってくるのでそこは何度か投げて感覚をつかむようにすると良いです。

スパイクドロップの変化

鋭い縦のスライダーのような変化をするカーブです。珍しいカーブなので空振りをとり易い変化球と言えます。

スパイクドロップのまとめ

この変化球は投稿者が改良して作ったオリジナル変化球なので珍しい球道カーブです。ですから通常のカーブに慣れているバッターにとっては脅威の変化球になることは間違いないでしょう。また、カーブの中でも縦変化が強いので空振りをとりたい場面で使ってみましょう。

 

 


 


 

この記事もあわせて読まれています。


 

エースになりたい、プロになりたい人必見のDVD

「前田健のピッチングメカニズム論」は、今後本格的に投手を目指す方、さらにプロの世界で活躍することを目指している方は必見です!DVDを見終わったら、すぐにでも鏡を見ながら自分のフォームをチェックするはずです!

>>前田健のピッチングメカニズム論