スクラッチカーブの投げ方・握り方

取得難易度:★★★☆ 制球力:★☆☆☆ 変化度:★★★★ 負担度:★★☆☆ 総合評価:★★★★☆
球種タイプ:斜めのカーブ 
投球の目的:空振りを取る


クラッチカーブって??

斜めに鋭く曲がるカーブ(スライダー)気味の変化球で、投稿者のオリジナル変化球。投稿者の場合、サイド気味の投げ方で斜めの変化だったそうですが、上から投げて見たところ真横に滑る変化をしました。コントロールは難しいですが、ですが指の短い投手は試してみる価値があるかもしれません。

スクラッチカーブの握り方

ツーシームの握りで人差し指と中指を縫い目に突き立てるようにして握ります。リリースのイメージを引っ掻くように、フォールスローを肘から先を体に引き付けて、踏み込んだ足にぶつけるようにして投げると斜めに鋭く曲がるカーブ(スライダー)の変化にになります。

uhuii

スクラッチカーブの変化

サイドの場合、斜めに鋭く曲がるカーブ(スライダー)気味の変化球で、オーバースローの場合は真横に滑るような変化をします。

スクラッチカーブのまとめ

習得よりもコントロールの難しい変化球ですが、珍しい変化や球道を持つオリジナルの変化球です。カーブやスライダーにさらにもう一つ、別の球道を持つこの変化球を投げ分けることで打者を幻惑できるでしょう。


 


 

この記事もあわせて読まれています。


 

エースになりたい、プロになりたい人必見のDVD

「前田健のピッチングメカニズム論」は、今後本格的に投手を目指す方、さらにプロの世界で活躍することを目指している方は必見です!DVDを見終わったら、すぐにでも鏡を見ながら自分のフォームをチェックするはずです!

>>前田健のピッチングメカニズム論