アップルボールの投げ方・握り方

取得難易度:★★☆☆ 制球力:★★★☆ 変化度:★★☆☆ 負担度:★☆☆☆ 総合評価:★★★☆☆
球種タイプ:シュート気味の沈むストレート 
投球の目的:打ち取る、ゴロにする、ゲッツーをとる


アップルボールって??

投稿者が友達の球種に、落ちる球がなかったので、簡単なフォークの投げ方を追及したところ身に付けた変化球だそうです。握り方を生かして変化をかける球種で、変化が簡単にかけられるのが特徴。回転が少なく、風の影響を受けやすい。

アップルボールの握り方、投げ方

ボールをわしずかみして、中指と、小指をはなす。他の3本指で支える感じで添えて、軽く握る。
あとはそのまま思いっきり腕を振りぬき、ボールを抜く。

ugutiuhui

アップルボールの変化

初速から減速する。抜いて投げるので回転がかかりにくいため、風の影響やリリースのかけ方で変化がかかることも。球速遅いので緩急をつけることができる。

アップルボールのまとめ

球道がなだらかなので見分けがつきやすい弱点もあるが、突然投げられると対応できない。
たまに緩急を付けるという目的で使うといいでしょう。

 

 


 


 

この記事もあわせて読まれています。


 

エースになりたい、プロになりたい人必見のDVD

「前田健のピッチングメカニズム論」は、今後本格的に投手を目指す方、さらにプロの世界で活躍することを目指している方は必見です!DVDを見終わったら、すぐにでも鏡を見ながら自分のフォームをチェックするはずです!

>>前田健のピッチングメカニズム論