タオルを使ったシャドーピッチングの方法

フォームのチェックするには最も適した練習。タオルを使いピッチング動作を繰り返しましょう。その際にはグラブを使う手の動きに注意することが重要です。


全身の力を指先に伝えるために、グローブ側の腕で壁を作ります。その後、体重移動した体を支える稼動足の力を逃さずためておくのが壁です。

弓矢のようにギリギリまで体のためをつくり、下半身から伝わるエネルギーを一気にふりぬきます。

体重移動、肘の使い方、細かいところを一つ一つチェックすること。不調なときは好調のときとどう違うのか確認すること。シャドーピッチををする際はタオルを持って行ってみて下さい。

シャドーピッチングの簡単な方法について

①普通の大きさのタオルを半分に折りたたみます。
②タオルの端をボールと同じ程の大きさに結びます。
③結んでいないもう片一方の端を軽く中指で結び目と一緒に握ります。

この練習方法はどこでもできることが最もポイントです。
雨の日でも、室内でも外でもどこでもチェックが可能です。
鏡の前でしっかりチェックしましょう。

 


 

この記事もあわせて読まれています。


 

エースになりたい、プロになりたい人必見のDVD

「前田健のピッチングメカニズム論」は、今後本格的に投手を目指す方、さらにプロの世界で活躍することを目指している方は必見です!DVDを見終わったら、すぐにでも鏡を見ながら自分のフォームをチェックするはずです!

>>前田健のピッチングメカニズム論