ムービングファストボール投げ方・握り方

取得難易度:★★★★ 制球力:★★☆☆ 変化度:★☆☆☆ 負担度:★★☆☆ 総合評価:★★☆☆☆
球種タイプ:ストレート版ナックル 
投球の目的:打ち取る、ゴロにする、ゲッツーをとる


ムービングファストボールって??

ツーシームをムービングファストボールと呼ぶ場合もあります。不規則な縫い目の通過や回転軸のズレなどより、微妙な変化をもつボールです。

縫い目に握りをかけないものや、ストレートの握りのままリリースだけを変えるなど、様々な投げ方があります。また、ムービングファストを用いる投手にはリリースポイントが重要です。

ムービングファストボール握り方1

123412345

コレといった握りはありません。投げ方は人それぞれで、ストレートの握りのままリリースだけを変える人もいます。

ムービングファストボールの投げ方

一番簡単に出来るムービングファストボールは、人指し指と中指をそろえてボールの縫い目を外して握ることです。出来るだけリリースポイントを手前に持ってくることで打者の手元で変化するボールになる為効果は大きくなります。

その他の投げ方として、とりあえず、人差し指と中指を揃えどちらかの指を縫い目に沿わせます。ボールの中心からぞれる側に力をいれて軽くひねる。

また縫い目から指をはずしで投げる場合も変化するようです。ライトスピンであればスライダー的な変化。縦方向であれば沈むなど、スピンのかけ方次第で変化が変わります。

ムービングファストボール投げ方・握り方2

789

 

ドカベンプロ野球編で(単行本何巻目か忘れましたが)ホークスの渡辺投手が使っていた変化球です。握りは簡単で中指と薬指で直球の様に握るだけです。

そうすればムービングファストボールの様に横か、縦にボールがズレて芯をはずします。も実際に試してみたのですが指の掛かり具合によって横か縦にズレました。

それに思ったより変化量が多かったです。

ムービングファストボール投げ方・握り方3

DVC00066

「スリーフィンガーファストの握り」を、シームへの指の掛け方のみ「ツーシームの握り」にしたものになります。また、ムービングファストですのでリリースについてはストレートを投げるつもりで腕を振り抜く感じです。

変化はリリース時の人差し指、中指、薬指の力加減や手の甲の角度で変わりますが、「カットボール」や「ツーシーム」と似た変化だと考えてください。当然かと思いますが人差し指に対して薬指側の力が強くなるとスライダー方向への変化が強くなります

~メリットについて~
・指を3本掛けるため高めへのすっぽ抜けによる失投が少ない
・人差し指と薬指をシームにかぶせるように握ることで握りが毎回一定に保つのが容易

~デメリットについて~
・指を3本掛ける握りにであるため制球には慣れが必要 提供者:カラムさん

ムービングファストボールの変化

わずかに沈んだり、シュート気味になったりといろいろな変化をします。毎回変化が違うタイプもあるようです。

自分で回転軸や縫い目の位置などを意識して、試してみると良いと思います。リリースの感覚を少し変えることによって面白い変化をするボールになります。

ムービングファストボールのまとめ

メジャーリーグでは多用されているのですが、一般的には投げれる人は少ないでしょう。関節や手首がやわらかい人などが投げるとナチュラルにボールが動くストレートになる場合があります。

意図的にムービングファストボールを投げるのは多少難しいかもしれません。もしも意図的にコントロールできるとすれば・・・とんでもない武器になりますね。


 


 

この記事もあわせて読まれています。


 

エースになりたい、プロになりたい人必見のDVD

「前田健のピッチングメカニズム論」は、今後本格的に投手を目指す方、さらにプロの世界で活躍することを目指している方は必見です!DVDを見終わったら、すぐにでも鏡を見ながら自分のフォームをチェックするはずです!

>>前田健のピッチングメカニズム論