パームの投げ方・握り方

取得難易度:★☆☆☆ 制球力:★★☆☆ 変化度:★★☆☆ 負担度:★☆☆☆ 総合評価:★★★
球種タイプ:タイミングをはずす球 
投球の目的:緩急をつける、打ち取る、空振りを取る


パームって??

パームは、チェンジアップとよく似た球種で、ゆっくりと落ちる。腕の振りがストレートと違い、見切られやすさがあるという問題もあります。投げるには工夫が必要です。パームボールとは、基本的に、投げた直後からゆっくり落ちるというものです。打たせてとる、タイミングを外すのを目的とします。非常に習得しやすく、磨けば三振が取れる変化球にも成長します。とにかく速球との緩急がつけばつくほど威力を増すので、速球派にオススメの変化球です。使う人は少ない変化球です。

パームの握り方

人差し指、中指、薬指がボールの上(握らない状態)で親指と小指ではさんで投げるチェンジアップ。基本的には先を使わず手のひらだけで握る。包むといった感じです。握る面の下の部分を手の平で包み込みます。指は全て浮かせて、手のひらでのみ握るか親指と小指で握るというか支えるような感じで持ちます。

ww

パームの握り方2

持ち方が違うだけで投げ方は同じです。

ss

パームの投げ方

リリースのとき、手のひら(詳しく言うと指の付け根の部分)で押し出すような感覚で投げる。手首を返さずにすっぽ抜かす。手のひらと親指と小指にだけ力をいれバッティングマシンにでもなったつもりで投げます。簡単な投げ方は手のひらで、リリース時に手をパーに開きながら押しやるという感じです。意識的に落そうとすると本当に落ちる球で、誰でも簡単に取得できます。

パームの変化

投げた直後から落ち始めるのですが、かなり落差はあります。したがって、見切られたらボールもしくはホームランでしょう。

パームのまとめ

できるのならばこちらがボールをリリースする瞬間まで、なにを投げるかわからないようにリリースすることを練習しましょう。ストレートとのモーションの差異が少なければ少ないほど効果的です。スリークォーターハンドから投げるとき、もっとも有効な落ちるボール。もともと遅い上に、結構大きな落差で落ちるのでチェンジアップとしても、ウイニングショットとしても非常に有効なボールだが、ついフォームがゆっくりになってしまったりするために投げる人は意外と少ない。高速パームという変化球もあります。

 

 


 


 

この記事もあわせて読まれています。


 

エースになりたい、プロになりたい人必見のDVD

「前田健のピッチングメカニズム論」は、今後本格的に投手を目指す方、さらにプロの世界で活躍することを目指している方は必見です!DVDを見終わったら、すぐにでも鏡を見ながら自分のフォームをチェックするはずです!

>>前田健のピッチングメカニズム論