スライドパームの投げ方・握り方

取得難易度:★★☆☆ 制球力:★★☆☆ 変化度:★★☆☆ 負担度:★☆☆☆ 総合評価:★★★
球種タイプ:タイミングをはずす球 
投球の目的:緩急をつける、打ち取る、空振りを取る


スライドパームって??

サイドスロー専用のスライドパームと違い、オーバーハンドでも投げれる投げ方です。変化の仕方はパームと同じですが、スライド回転がかかってクロス方向にしか変化しないという変わった変化球。

オーバースローでも投げれるスライドパームのことですが、パームというのはほぼ無回転で変化するからパームなわけで回転をかけたらスライドチェンジと同じです。パーム・ナックルはほぼ無回転にするのが難しいからほとんどの投手が習得してないわけです。パームに回転がかかって派生したのがパームカーブであり、そしてナックルに回転をかかって派生したのがナックルカーブなわけです。

スライドパームというのは腕の出る角度によって伝わる力による影響によってクロス方向に変化しやすくなったパームのことです。回転をかけてわざわざスライドさせるのはスライドパームではありません。事実上現在でパームを投げているのは、中日の吉見投手とメジャーのトレバー・ホフマン投手でスライドパームは西武の帆足投手と広島の林投手です。でも帆足投手は回転がかかっていることが多く、本当のスライドパームになるのは
投げて1/3の確率だけだそうです。中日の浅尾投手や阪神の金村投手のパームは回転がかかっていて必ずしもパームとは言えません。

スライドパームの握り方・投げ方

握りは普通のパームの握りで、人差し指、中指、薬指がボールの上(握らない状態)で親指と小指ではさんで、基本的には先を使わず手のひらだけで握る。握る面の下の部分を手の平で包み込みます。指は全て浮かせて、手のひらでのみ握るか親指と小指で握るというか支えるような感じで持ちます。投げ方は、外側に腕を大きく捻り、そして空手チョップのように内側に腕を大きく捻ります。この投げ方は工藤投手が雑誌で語っていたカーブの投げ方を応用したものです。

fffygu

スライドパームの変化

変化の仕方はパームと同じですが、クロス方向にしか変化しないという変わった変化球。スライド回転して若干横に曲がると思います。

スライドパームのまとめ

これもパームの一種なので、球道がゆるく見切られると打ちごろの変化球です。
しかし、パームを投げる投手も少なくなってきているので意外に打ちづらいかもしれません。

 


 


 

この記事もあわせて読まれています。


 

エースになりたい、プロになりたい人必見のDVD

「前田健のピッチングメカニズム論」は、今後本格的に投手を目指す方、さらにプロの世界で活躍することを目指している方は必見です!DVDを見終わったら、すぐにでも鏡を見ながら自分のフォームをチェックするはずです!

>>前田健のピッチングメカニズム論