サークルチェンジの投げ方と握り方

取得難易度:★★☆☆ 制球力:★★☆☆ 変化度:★★☆☆ 負担度:★☆☆☆ 総合評価:★★★
球種タイプ:タイミングをはずす球 
投球の目的:緩急をつける、打ち取る、空振りを取る


サークルチェンジって??

チェンジアップに似ているが、利き手の方向に微妙に曲がる。握り方がオーケーサインに似ているため、OKボールとも言われる。サークルチェンジを投げることで有名なのは松坂投手と井川投手で、空振りが取れるほどのかなりの減速と落差を持っており非常に強力。チェンジアップで上手く抜けないという人はチャレンジしてみてはいかがだろうか。

サークルチェンジの握り方

OKボールと言う名が示す通り、親指と人差し指の間に挟み、そこから抜いて投げる。基本的にワシ掴みのように縫い目の丸部分に沿って軽くOKの形で握るのが主流。投げ方としては残りの指をOK状に開く投げ方と、そのまま指をそろえて筒状にして投げる投げ方がある。人差し指と親指をボールの左側の縫い目にしっかりかけ、他の指はチェンジアップのように浮かせるか添える変化球である。人差し指と中指でサークルを作って握るののでもよい。

hu

サークルチェンジの投げ方

リリース時に、人差し指と親指に力を入れ、同時にチェンジアップのように抜く。シュートを投げるようなイメージで投げるとシュート方向への変化が大きくなる。こつとしては窓拭くみたいに腕を振ること。すると小指の方から上手く抜ける。

サークルチェンジの変化

ゆるいシュート、もしくはゆるいジャイロ回転になり、とにかく遅い。チェンジアップにシュート回転が加わったような変化で、利き手方向に曲がりながらくい込むように落ちる変化をする。

サークルチェンジのまとめ

ほぼチェンジアップと同じ球種で、まとめられる場合もある。シュート回転や、落ちるかどうかで判別されることもあり、分け方が曖昧な変化球ではある。

 


 


 

この記事もあわせて読まれています。


 

エースになりたい、プロになりたい人必見のDVD

「前田健のピッチングメカニズム論」は、今後本格的に投手を目指す方、さらにプロの世界で活躍することを目指している方は必見です!DVDを見終わったら、すぐにでも鏡を見ながら自分のフォームをチェックするはずです!

>>前田健のピッチングメカニズム論