チェンジアップの投げ方・握り方

取得難易度:★★☆☆ 制球力:★★☆☆ 変化度:★☆☆☆ 負担度:★☆☆☆ 総合評価:★★★☆
球種タイプ:タイミングをはずす球 
投球の目的:緩急をつける、打ち取る


チェンジアップって??

チェンジアップはストレートと同じ腕の振りから回転の少ないのスローボールを繰り出す球種で、
一般的なチェンジアップとは打者の手元で減速して沈む変化球である。初速はストレートより遅く、
どんどん失速しやがて落下する。速度を変化させる変化球です。

しかし、見切られたらかなりの確立で打たれてしまうため、ストレートと同じフォームで投げれることが重要となります。ストレートと思い、振りぬこうとしたら全然遅い球だった・・・と、相手の不意をつくことを目的としています。レッドソックスの岡島のように、磨けば三振が取れる決め球にも。負担が少ない。

チェンジアップの握り方

ボールを持つ指を一本ないし二本、あるいは三本立てて抜くボールで、特に変な変化もせずただ遅い球。
速度がちがうだけで充分有効になる。投手によっては握りや、ひねりの工夫で変化するチェンジアップを投げる投手もいる。ボールの回転を抑えつつ、低速球が投げられればどんな投げ方でもいいので、チェンジアップの握りは人それぞれです。ポイントは指の根元がかかるようにすること。あとは自分の握りやすい握り方を考えてみましょう。
縫い目の丸部分に沿って軽くOKの形で握るのはサークルチェンジです。

dddd

簡易式チェンジアップの握り方・投げ方

ヨシボールの握りを極端に浅くし、そしてストレートのように投げることで極端に遅い
&さらに減速するスローボールになります。

チェンジアップの投げ方

人差し指と中指と薬指を使って普通に投げるなんて方法もあります。チェンジアップの投げ方がストレートの投げ方に近いほどチェンジアップは効果的。投げる瞬間だけは抜く感じで、回転を抑えること。投球モーションはストレートと同じで投げられないと効果的なチェンジアップではありません。

チェンジアップの変化

相手の裏を書く球であり、相手がストレート狙いでフォームをそのまま、速度だけが遅い球がきたら、上手く打てないでしょう。つまりチェンジアップはストレートとの組み合わせでこそ効果があるのです。ストレートのないチェンジアップは、ただの狙い球でしかありません。人によっては空振りが取れるほど落ちる変化をする投げ方も。

チェンジアップのまとめ

こちらがボールをリリースする瞬間まで、なにを投げるかわからないようにリリースすることを練習しましょう。ストレートとのモーションの差異が少なければ少ないほど効果的です。モーションを確認し、見切られる回数が多いようなら、まだあなたのチェンジアップは実戦では使えないでしょう。変化量は気にする必要はありません。

 


 


 

この記事もあわせて読まれています。


 

エースになりたい、プロになりたい人必見のDVD

「前田健のピッチングメカニズム論」は、今後本格的に投手を目指す方、さらにプロの世界で活躍することを目指している方は必見です!DVDを見終わったら、すぐにでも鏡を見ながら自分のフォームをチェックするはずです!

>>前田健のピッチングメカニズム論