ウェイクフィールド式ナックルの投げ方・握り方

取得難易度:★★★★ 制球力:★☆☆☆ 変化度:計測不能 負担度:★★★☆ 総合評価:★★★★★
球種タイプ:ランダム減速 
投球の目的:打ち取る、空振りを取る


ウェイクフィールド式ナックルって??

長く変化の無かったナックルボールの歴史に新たなページを刻んだ、レッドソックスのティム・ウェイクフィールドが生んだオリジナルナックル。かなりの指の力と握力が必要で、今後も後継者が現れる可能性は低そうだ。

ウェイクフィールド式ナックルの握り方・投げ方

3本指+親指の4点支持という特殊で不安定な握りで、回転させないことを意識した末の発案と思われる。あとはナックルと同じように手首は全く使わず、固定したまま腕の振りと爪をボールの縫い目に立てボールに回転を与えないように投げる。ウェイクフィールドはわざと手首をこねる事で、こねてる方向へ回転をわずかにかけ様々な種類のナックルにしている。

hiyiu

ウェイクフィールド式ナックルの変化

異様な落差をしたり、想像もつかない変化をする。また、上記のようにどっちに曲げるかコントロールしており、「カット気味に変化するナックル」、「ツーシーム気味の変化をするナックル」、「真下に落ちていくナックル」、「打者の前をすべるように伸びていくナックル」の4種類を使い分わるそうです。

ウェイクフィールド式ナックルのまとめ

ウェイクフィールドレベルのナックルを投げる投手はもう現れないのではないだろうか。
このナックルに近づきたいのであれば是非参考にしてください。

 

 

 


 


 

この記事もあわせて読まれています。


 

エースになりたい、プロになりたい人必見のDVD

「前田健のピッチングメカニズム論」は、今後本格的に投手を目指す方、さらにプロの世界で活躍することを目指している方は必見です!DVDを見終わったら、すぐにでも鏡を見ながら自分のフォームをチェックするはずです!

>>前田健のピッチングメカニズム論