投稿者オリジナル変化球 3シームファストボール

一言で説明すると、「ワンシームの伸びるバージョン」です。
フォーシームとツーシームの中間の球とも言えます。


投稿者オリジナル変化球 3シームファストボール 握りと投げ方

ツーシームの外側の縫い目を人差し指と中指ではさむように握ります。
この時、中指をフォーシームのように横の縫い目にしっかりとかけ、
バックスピンがかかるようにします。

人差し指は縫い目にかけません。
2本の指の間隔はあまり開かず、直球と同じイメージで握ってください。

リリースは、直球系と同じ腕の振りで直球と同じようにリリースするのですが、
この時、中指でしっかりとバックスピンをかけるようにします。
すると、バックスピンの回転がシュート方向に傾いて、斜めに強烈な回転がかかります。
イメージとしては、「人差し指はツーシーム、中指はフォーシーム」といった感じです。

投稿者オリジナル変化球 3シームファストボール 変化

伸びるワンシームで、フォーシームの軌道からシュート方向に曲がる球です。軌道には個人差が出ると思われますが、斜めのスピンがかかっているのでツーシームほど沈みません。右対右なら、インコースを狙うべきでしょう。中指の使い方が一つのポイントになります。

ちなみに、ワンシームのようにボールは不規則な面を見せながら回転します。
角度にもよりますが、その名の通り回転する縫い目はちゃんと3本に見えますよ。

投稿者オリジナル変化球 3シームファストボール 投稿者よりの総評

シュート系は、無理にひねってなげようとすると負担が大きくなる球です。この球は直球と同じ感覚で投げられるので、シュート系に興味のある方は是非一度お試しください。m(_ _)m


 


 

この記事もあわせて読まれています。


 

エースになりたい、プロになりたい人必見のDVD

「前田健のピッチングメカニズム論」は、今後本格的に投手を目指す方、さらにプロの世界で活躍することを目指している方は必見です!DVDを見終わったら、すぐにでも鏡を見ながら自分のフォームをチェックするはずです!

>>前田健のピッチングメカニズム論