バックスピンジャイロ 握りと投げ方

握りは、普通のフォーシームのストレートと同じですが、ボールのやや内側を握る方が投げやすくなります。リリースは、「人差し指で切るカットボール」といった感じです。(指の間隔はあまり開きません。)


縫い目にしっかり指をかけ、2本の指でしっかりボールを切る感覚で投げます。
人差し指が最後まで残り、ボールが対称面を向けてバッターに向かうようにリリースします。

感覚としては、普通のバックスピンストレートとスパイララルリリース(もしくは縦スラのリリース)の中間です。必要以上に腕をひねらず、可能な限りバックスピンに近い感覚で投げることで、フォーシームファストに近い威力と伸びが出せます。

基本的には、ジャイロとバックスピンの中間の球です。ですが何度も練習していくうちに、回転軸を理想的なジャイロの軸に近づけることが可能になります。
ジャイロボールを投げるために、特別なフォームは必要ありません。

オーバーでもスリークでもサイドでもアンダーでも
普通にカーブやスライダーを練習する感覚で練習してみてください。

従来、「ダブルスピン投法が必要」「サイドやスリークじゃないと投げにくい」と
いう意見がよく聞かれましたが、検証した結果、そんなことはありません。

ただ、真っ直ぐ踏み込んで投げ下ろすタイプのフォームより、
横の捻りを利用して投げるタイプのフォームのほうが投げやすいのは確かです。
すでにジャイロ回転系の球を投げられる方、スライダーやカット系が得意な方は、
練習を重ねれば、結構簡単に習得できると思います。

投稿者オリジナル変化球 バックスピンジャイロ 変化

回転の性質上、「伸びのあるカットボール」みたいになると思います。
ストライクゾーン高めにリリースすると打者に浮き上がる錯覚を与えられる
「ライザー系」のボールになります。

バックスピンの真っ直ぐと組み合わせることで威力を発揮する球種です。某プロ野球選手が、「ジャイロはカット(スライダー?)の抜け球」とおっしゃっていましたが、その「抜け球」を意図的に、しかもストレートと変わらない威力で投げるのが、この球です。

投稿者オリジナル変化球 バックスピンジャイロ 注意点

まず、絶対にバックスピンの真っ直ぐとの投げ分けを練習してください。

自分は、一時、ジャイロを追い求めすぎて、DS投法を習得しましたが、
弊害として、普通の送球までもがジャイロ回転するようになってしまいました。
こうなると、選手生命に関わるので非常に危険です。
必ず、バックスピンの綺麗な真っ直ぐと合わせて練習するようにしてください。

次に、「理想のジャイロを追い求めすぎない」ことです。

カミソリシュートを目指すために体の開きが早くなったり、
フォークの落差を追求するためにバランスが崩れてしまうのと同じことです。

いろいろ言われていますが、やはり最強はバックスピンです。
ですが、ジャイロボールは確かに存在します。
ただ、「ジャイロは一つの球種」と割り切ってください。

ジャイロを追い求めてフォームを改造すると、弊害が出るので、
絶対に無理な投げ方はしないでください。

投稿者オリジナル変化球 バックスピンジャイロ 投稿者よりの総評

ボールに軌道には個人差が出ると思いますが、
この方法だと、真っ直ぐと変わらない威力のあるジャイロが投げられるはずです。

今まで、T氏やH氏によっていろいろな説が提唱されてきましたが、
そもそも自分に合わない不自然なフォームやリリースでは、威力のある球は投げられません。
確かにDS投法なら直球がジャイロ回転します。

ですが、皆さんご存知のように、その投法で150キロのジャイロを投げた投手はいません。
最強はバックスピンであり、無理なフォームの習得は野球少年の夢を滅ぼします。

自分はこれ以上、間違った指導法や仮説に狂わされる投手が生じないことを願っています。

変化球に自信のある方、速い球を投げられる方、
この方法を是非試して、さらにアレンジして発展させてください。


 


 

この記事もあわせて読まれています。