各投球フォームの一連の流れ

このページでは代表的なフォームである、オーバースロー、サイドスロー、アンダースロー、スリークォーターのリリースまでの流れを紹介します。ちなみに内容はすべて右投げの投げ方ですので、左の場合は逆として参考にしてください。


オーバースロー&スリークォーターについて

始動からフィニッシュまで下半身リードで投げることを意識すること。
全身を使い、上から下にしっかりと腕を振りぬくことが重要です。

over

オーバースロー・スリークォーターの基本

⇒柔道の一本背負いのように腰を縦に使う。
⇒胸を思い切り張ってから腕をシャープに振りぬく
⇒自分の投げやすいナチュラルな腕の高さで投げる
⇒右ひじを右肩より高く上げる

ボールの握りとスナップ

親指は伸ばさずに第二関節からまげて縫い目に引っ掛ける
⇒ボールを上からつまみあげるようにテークバック
⇒しぼりができていれば自然に手首と肘は曲がる
⇒ヒジ→手首→指先の順に動いてリリース

テークバック、ステップ

over ov2 ov3

 

⇒左足の付け根を上げるイメージで右足でスムーズにたつ
⇒左肩の開きをがまんしながらしりをキャッチャー方向へスライド
⇒左腕を親指側にひねりながら胸を大きく張る
⇒つま先をキャッチャー奉公へ向けて左足を踏み出す

スローイング

suruocv0

⇒体の開きを抑え「タメ」をつくる
⇒顎をひきつけてキャッチャーミットを見る
⇒左肩をキャッチャー側へ向けて腕のスイングをスタート
⇒バッターに胸を見せるのをギリギリまで我慢する

リリース<共通>

ov54

バッターに近いポジションまで粘ってボールを離す
⇒左腕を外向きにひねってグローブを左胸の前に納める
⇒体がフルに使えていればつま先の跡が右斜め方向につく。

サイドスローについて

下半身(腰)をしっかりと使い、その反動で腕を振りぬきましょう。
鋭い横回転を磨いてキレのあるボールを投げ込もう。

side

サイドスローの基本

⇒腰と肩の動きを同調させ体を鋭くスピンさせる。
⇒上体をぶらなさい。
⇒腕は体に巻きつく
⇒ヒジを先行
⇒右ひじを高く上にテークバック
⇒右肩を突っ込まない

ステップ

⇒大きなステップ
⇒状態がキャッチャー方向へ突っ込まないようにステップ。
⇒状態をまっすぐ立てて安定したバランスをつくる
⇒左ひざを絞り込むことで腰が鋭くターンする。

スイング

⇒胸をサード方向に向けたまま腕のスイングをスタート
⇒腰と肩が一緒に回転すれば腕をシャープにスイングできる
⇒しぼりを横方向に使ってボールを押し出す

リリース

suro02

バッターに近いポジションまで粘ってボールを離す
⇒左腕を外向きにひねってグローブを左胸の前に納める
⇒体がフルに使えていればつま先の跡が右斜め方向につく。
⇒ボールを長く持つ

アンダースローについて

非常に変則的なフォームでバッターを幻惑しましょう。
下から上へホップするボールを効果的に使い、バッターを打ちとろう。

under8

アンダースローの基本

⇒低いポジションから左足を大きく踏み込んで腕を低くヨコ振りする。その他はサイドスローと同じ。

ステップなど

全体的に基本・スイング・リリースはサイドスローと同じ。カカトからステップすること。
さらに柔軟な関節、腰の回転が必要となる。


 


 

この記事もあわせて読まれています。


 

エースになりたい、プロになりたい人必見のDVD

「前田健のピッチングメカニズム論」は、今後本格的に投手を目指す方、さらにプロの世界で活躍することを目指している方は必見です!DVDを見終わったら、すぐにでも鏡を見ながら自分のフォームをチェックするはずです!

>>前田健のピッチングメカニズム論