投球術の基本と配球の基本

投手はバッターの弱点や、その状況に応じて投球することが求められます。
単純に投げるだけではいつかは打たれてしまいますので、しっかりと考えて投球しなければなりません。
このページでは配球の基本について解説します。

エースになりたい、プロになりたい人必見のDVD

「前田健のピッチングメカニズム論」は、今後本格的に投手を目指す方、さらにプロの世界で活躍することを目指している方は必見です!3枚のDVDを見終わったら、すぐにでも鏡を見ながら自分のフォームをチェックするはずです!

>>前田健のピッチングメカニズム論

重要なのはストライクを先行させること。

ピッチングにおいて重要なのはできるだけストライクを先行させることです。ボールが先行してしまうと打者は自分の好きなコースや球種だけを狙い、そのほかは無視するようになります。逆に、投手はストライクをとることだけになり、遊びだまを投げることもできなくなってしまいます。フォアボールーを恐れてその結果真ん中近くへ投げてしまい痛打されたりしまいがちです。もしもフォアボールを出すと、野手のリズムを乱してエラーを誘発するなどの危険性もあります。打者に対して有利に攻めようと思ったら、まずはストライクを先行させることが重要です。

ボールを低めに集める

ピッチングの基本は低めに集めることです。低めのボールは打ってもゴロになりやすく、たとえヒットになっても長打になりにくい。ストレートだけでなく、変化球もしっかり低めにコントロールすること、それが安定した投球のできる投手の条件です。

配球のパターンを考える

配球はコース、高低、球種、急速に変化をつけて打者のスイングを崩すことが必要です。例えば、いくら直球を得意としていても直球ばかりでは打者の目が慣れて打たれてしまうので、いつも同じパターンで配球しないことが求められます。そのために、ストライクゾーンの四隅や緩いカーブなど、打者の弱点をつきながらコースや球種に変化をつけていく必要があります。ときには打者の意表をついて同じ配球を続けたり、同じコースにストレートやスライダーを投げ分けたり、決め球を変えるなど工夫しよう。

重要なポイント

①コースにや高低の変化をつけボールを散らす。
②球種・球速に変化をつける、タイミングをはずす
③前の打席の配球を参考にする

配球の基本を覚えるには

効果的な配球を覚えるためには、相手チームの研究や、基本的な配球などを覚える必要があります。
初心者など、配球の基本を学ぶには配球の教科書【野球】をオススメします。


 

 


 

注目のピッチング教材はごらんになられましたか??


このトレーニングメニューは、既に誰が実践しても結果がでる実績とデータがあります。
ですから、あなたに10km/hの球速アップを保証します!

もし、トレーニングメニューを1年以内に 3ヶ月以上実践したにも関わらず、
効果が全く現れなかった場合、ご購入金額・全額をお返しすることを約束さてています、
本格派ピッチャーを目指すのであれば是非お試しください!!


>>短期間で球速が大幅アップ!森部氏が教える、ピッチングスピードアッププログラム

人気の野球上達情報をピックアップ!

沢村遼のメルマガを受講しませんか?

contact

野球・ソフトボールに長年携わってきた沢村遼が、あなたのためにピッチング・バッティング・走塁・守備上達方法を伝授します!沢村遼の【無料】野球上達メールマガジン&メルマガ講座を受講して、あなたの技術をさらに上達させませんか??
沢村遼の【完全無料】野球上達講座&メルマガ受講はこちらから