30歳を超えても球速は上がる??

長谷川 投手は元MLB,NPBで活躍したプロ野球選手。投球間隔が短い投球テンポと、非常にすばやく足を上げる投球フォームから、MAX151キロの速球、スライダー、カットボール、高速シンカー、ツーシーム、チェンジアップ、フォークボールをコントロール良く投げる。

エースになりたい、プロになりたい人必見のDVD

「前田健のピッチングメカニズム論」は、今後本格的に投手を目指す方、さらにプロの世界で活躍することを目指している方は必見です!3枚のDVDを見終わったら、すぐにでも鏡を見ながら自分のフォームをチェックするはずです!

>>前田健のピッチングメカニズム論

打者がタイミングを取りにくい長谷川の投球フォームはメジャーリーグで生き残るための試行錯誤の結果であり、本人曰く「日本にいた頃はテンポもフォームもとても遅かった」という。

牽制球も非常に上手く、盗塁によるピンチの拡大をよく防いだ。また、故障も非常に少なく、故障者リストに入ったのも1度だけ。メジャーリーグで9年間マイナー落ちを経験せずに投げ抜いた。

そんな長谷川投手ですが、実はメジャーに行くまで球速は150キロ代には及ばず、技巧派といわれていた。しかし、メジャーに移籍して30歳を過ぎ、ウェイトトレーニングによって球速が8km/h伸びた。

それにより150キロ代のストレートを投げれるようになったのだ。このことが日本でも紹介され「正しいウェイトトレーニングをすれば、年をとっても球は速くなる」ことがプロ野球選手に浸透した。

スーパースター的選手ではなかったが、努力とインテリジェンスで自分の地位を築き上げた。オールスターゲームに出場するなど、MLBで極めて大きな結果を残した日本人選手の一人といえるであろう。


 

 


 

注目のピッチング教材はごらんになられましたか??


このトレーニングメニューは、既に誰が実践しても結果がでる実績とデータがあります。
ですから、あなたに10km/hの球速アップを保証します!

もし、トレーニングメニューを1年以内に 3ヶ月以上実践したにも関わらず、
効果が全く現れなかった場合、ご購入金額・全額をお返しすることを約束さてています、
本格派ピッチャーを目指すのであれば是非お試しください!!


>>短期間で球速が大幅アップ!森部氏が教える、ピッチングスピードアッププログラム

人気の野球上達情報をピックアップ!

沢村遼のメルマガを受講しませんか?

contact

野球・ソフトボールに長年携わってきた沢村遼が、あなたのためにピッチング・バッティング・走塁・守備上達方法を伝授します!沢村遼の【無料】野球上達メールマガジン&メルマガ講座を受講して、あなたの技術をさらに上達させませんか??
沢村遼の【完全無料】野球上達講座&メルマガ受講はこちらから