ダルビッシュの特殊能力

ダルビッシュはシャドーピッチングをしてフォームを固めることをしないなど、独自の調整法を採用している。これについて日本ハムチーフトレーナーの中垣征一郎は「体感的、もしくは体験的な時間や空間的な位置を本人のなかの感覚で細かく調整できる。内部感覚による身体運動の具現力が彼は非常に優れている」


「体全体を使って最後は腕を振るということではなく、体全体から生み出される力で自然に腕が振られているという感覚を、彼は持っている」と証言している。とある番組で語っていたのだが、ダルビッシュは固定のフォームをもっておらず、登板のたびにその日にあったフォームを選び、リリースも変えていくそうです。また、投球中にも微妙にフォームやリリースを微調整できる能力を持っており、本人曰く「その時間が止まって感じる」と言っていた。

また、変化球もその日によって使う変化球や使わない変化球を選び、球種を多く持ちたい投手も多い中で、投球する中で感覚的に最良の球種を選んでいる、これこそがダルビッシュ投手が日本だけでなくメジャーでも活躍することができた理由ではないでしょうか。


 


 

この記事もあわせて読まれています。


 

エースになりたい、プロになりたい人必見のDVD

「前田健のピッチングメカニズム論」は、今後本格的に投手を目指す方、さらにプロの世界で活躍することを目指している方は必見です!DVDを見終わったら、すぐにでも鏡を見ながら自分のフォームをチェックするはずです!

>>前田健のピッチングメカニズム論