アルバラデホカーブの投げ方・握り方

取得難易度:★★★★ 制球力:★★☆☆ 変化度:★★★★ 負担度:★★☆☆ 総合評価:★★★★☆
球種タイプ:利き腕と逆方向に曲がる球 
投球の目的:三振を取る、空振りを取る


アルバラデホカーブって??

巨人時代に、鋭い切れ味のカーブを投げることで注目を浴びたアルバラデホですが、パイレーツのマイナー時代に、曲がらないカーブをどうにかしなきゃいけないといろいろ研究して身に着けたのがキレ味抜群のカーブだそうです。アルバラデホが教わったものよりも浅めに、ボールと親指の付け根部分にスペースができるように握った結果、回転を与えやすくなってキレも見違えたとのことです。

アルバラデホカーブの握り方と投げ方

投げる際のポイントは、腕の位置が、高くなるときに人さし指と中指がボールの真上に来ること要。その状態から腕を振り下ろしていく段階で、今度はボールが人さし指の上を転がっていく感覚で親指は積極的には使わない。ボールを支えて、人さし指の上を転がっていくときにそのままの流れで軽く押すようなうなイメージです

手首をひねらず、人差し指と親指の間からすっぽ抜けるような感じで顔の前でリリースしてベース上に真上から落とすようなイメージで投げることがコツです。ストレートを投げる時よりも若干リリースポイントを早くすれば、投げた球は自然に上方向に飛んでゆき、きれいな縦回転もかけやすい。

F1010593.JPGF1010594.JPG

 

アルバラデホカーブの変化

最高点に達したときに、人さし指と中指がボールの横に来てしまうと、横回転してしまうから注意が必要。あくまでもこのボールは縦に大きく曲がり落ちて威力を発揮する。すごくいいときは、右バッターの頭の辺りに来て、真ん中低めに落ちる軌道になる。キレがあればバツターはのけぞるか、ボールと思って手を出してこないから効果は絶大。広島の栗原選手がデットボールと思ってのけぞったほど切れ味が鋭い。

しっかりとした腕のしなりで投げる必要があり、腕の振りが良くなれば良くなるほど、ボールへ縦回転が与えられ、ボールの描く軌道は大きくなる。打者から見た腕の振りの”速さ”と、実際に投げられた球の”遅さ”にはますます差が出来、打者を惑わす事になる。この様に大きく縦に変化する球を ストライクゾーンに投げるには、リリース時には極端に言えば、上の方向に投げなければいけない。上に放り投げる感覚で腕の振りを意識して上向きにし、回転をかけながらリリースしなければならない。

アルバラデホカーブのまとめ

大切なのは握った際の「スペース」と、最高点で2本の指がボールの上にあること。ボールの横になってしまうと、速度の遅いスラーブになって、バッターにとっては対応しやすいボールになってしまう。

アル巨人時代に、鋭い切れ味のカーブを投げることで注目を浴びたアルバラデホですが、パイレーツのマイナー時代に、曲がらないカーブをどうにかしなきゃいけないといろいろ研究して身に着けたのがキレ味抜群のカーブだそうです。アルバラデホが教わったものよりも浅めに、ボールと親指の付け根部分にスペースができるように握った結果、回転を与えやすくなってキレも見違えたとのことです。バラデホカーブって??


 


 

この記事もあわせて読まれています。


 

エースになりたい、プロになりたい人必見のDVD

「前田健のピッチングメカニズム論」は、今後本格的に投手を目指す方、さらにプロの世界で活躍することを目指している方は必見です!DVDを見終わったら、すぐにでも鏡を見ながら自分のフォームをチェックするはずです!

>>前田健のピッチングメカニズム論