ナックルカーブの投げ方・握り方

取得難易度:★★★★ 制球力:★☆☆☆ 変化度:★★★★ 負担度:★★☆☆ 総合評価:★★★★☆
球種タイプ:鋭く大きな変化のカーブ 
投球の目的:空振り、三振をとる

エースになりたい、プロになりたい人必見のDVD

「前田健のピッチングメカニズム論」は、今後本格的に投手を目指す方、さらにプロの世界で活躍することを目指している方は必見です!3枚のDVDを見終わったら、すぐにでも鏡を見ながら自分のフォームをチェックするはずです!

>>前田健のピッチングメカニズム論

ナックルカーブって??

独特の握りでカーブよりも強烈な回転がかかり、非常に大きく変化をするカーブです。
日本ではオリックスの加藤投手の投げるカーブで有名。普通のカーブよりも大きく縦に落ち鋭く曲がる。
ただ、カーブとは違い変化の大小や緩急の投げわけが難しく、変化のあまりコースが単純になりやすく
緩急をつけにくい。また握り方も特異であるが故に制球も難しい。

ナックルカーブの握り方

中指はカーブのように縫い目にかけ、人差し指は折り曲げて縫い目に爪を立てる。
もしくは人差し指の間接をナックルのように曲げる。中指と親指でボールをはさむように握る。
もしくは親指は曲げてもいいが、手の小さい人は曲げなくてもいい。

ナックルカーブの握り方は代表的なものとして2つ挙げられる。一つはボールに対して立てた指をリリースの瞬間に弾くようにしてカーブの回転をかけるタイプで、もう一つは、立てた指をボールに食い込ませるようにしてカーブの回転をかけるタイプ。

koi

ナックルカーブの投げ方

リリース時はそのまま投げる。人差し指ははじかなくても良いが、弾くことでさらに変化は大きくなるが、
コントロールが難しくなる。抜く感じでリリースする。ボールがすっぽ抜けないための大きな手と、
かなり強い握力が必要となる。ちなみにオリックスの加藤大輔投手と元日ハムのミラバル投手のナックルカーブは、
ナックルと同じ握りで上から叩きつけるように、立てた指をプッシュしてリリースします。

ナックルカーブの変化

ちなみに「ナックル」と名がつくのはこのような握り方や投げ方に由来するものであり、
無回転に近くすることが目的のナックルとは逆に、より回転をかけて変化を大きくすることが目的なので
ナックルボールとは根本的に違い、ナックルボールのように揺れる軌道を持つわけではない。

カーブより遅く、急激に沈む。バッターの内角から外いっぱいに大きく曲がると空振りが取れる確率が高い。
見せ玉としてはかなり有効な球種。

ナックルカーブのまとめ

非常にコントロールが難しい変化球。しかし、曲がり方は非常に強い上に球速もそこそこ速い。
マスターすれば、即ウイニングショットにも使える魔球です。


 

 


 

注目のピッチング教材はごらんになられましたか??


このトレーニングメニューは、既に誰が実践しても結果がでる実績とデータがあります。
ですから、あなたに10km/hの球速アップを保証します!

もし、トレーニングメニューを1年以内に 3ヶ月以上実践したにも関わらず、
効果が全く現れなかった場合、ご購入金額・全額をお返しすることを約束さてています、
本格派ピッチャーを目指すのであれば是非お試しください!!


>>短期間で球速が大幅アップ!森部氏が教える、ピッチングスピードアッププログラム

人気の野球上達情報をピックアップ!

沢村遼のメルマガを受講しませんか?

contact

野球・ソフトボールに長年携わってきた沢村遼が、あなたのためにピッチング・バッティング・走塁・守備上達方法を伝授します!沢村遼の【無料】野球上達メールマガジン&メルマガ講座を受講して、あなたの技術をさらに上達させませんか??
沢村遼の【完全無料】野球上達講座&メルマガ受講はこちらから