カウントカーブの投げ方・握り方

取得難易度:★★☆☆ 制球力:★★☆☆ 変化度:★★★★ 負担度:★★☆☆ 総合評価:★★★★
球種タイプ:スローカーブの一種 
投球の目的:緩急をつける、打ち取る


カウントカーブって??

カウントカーブは、球速が遅く、見せ球として使える変化球です。
腕を強く振っても球速が出ないので、抜くのが苦手な人にもスローカーブとして使えます。

カウントカーブの握り方

カーブの握りで、ボールをそれぞれの指先で握ります。てのひらなどは自然に浮いた
状態になりますが、でも、薬指は普通のカーブのように支えるくらいなら付いても構いません。

mko

カウントカーブの投げ方

捻らずにそのまま投げても自然と回転がかかりますが、リリース直前に手首を返すことでより回転がかかります。また、指先の力を使うのである程度の握力が必要となります。また、ボールの前上部を握ると変化は大きくなりますが、制球が難しくなります。

カウントカーブの変化

変化は、ドロンと大きく縦に曲がります。腕を強く振っても球速が出ないので、
抜くのが苦手な人にもスローカーブとして使えます。

カウントカーブのまとめ

球速が遅く、見せ球として、緩急をつけるためと様々な場面で活躍できるでしょう。
スローカーブが習得できなかった人は是非使ってみてください。
なお、遅い変化球は遅いほうが変化量が増えますが、限度を超えると変化はないので注意。


 


 

この記事もあわせて読まれています。


 

エースになりたい、プロになりたい人必見のDVD

「前田健のピッチングメカニズム論」は、今後本格的に投手を目指す方、さらにプロの世界で活躍することを目指している方は必見です!DVDを見終わったら、すぐにでも鏡を見ながら自分のフォームをチェックするはずです!

>>前田健のピッチングメカニズム論