スクリューボールの投げ方・握り方

取得難易度:★★★☆ 制球力:★★☆☆ 変化度:★★★☆ 負担度:★★★☆ 総合評価:★★★★☆
球種タイプ:利き腕方向に沈む球 
投球の目的:打ち取る、ゴロ、ゲッツー


スクリューボールって??

投手の利き腕方向に落ちながら曲がる変化球である。落差の鋭い方(落ちる)がスクリュー、沈むような感じがシンカーと云える。元々スクリューとシンカーはその区別が非常に曖昧であるが、左投手の投げるシンカーがスクリューであるとするのは誤用である。また、故障しやすい球種でもある。ボールがバッターの内側に向かってくるように外側に落ちてゆくため左ピッチャーが右バッターに対して投げるのが効果的。

スクリューボールの握り方

人差し指と中指を揃えてボールを握り、回転をかけて投げる。

gg

スクリューボールの投げ方

中指をボールのやや左側に置き、スピンさせる。あまりスピードが出ない上に手首を内側にひねる為、投げるのが難しいが、ひねる角度が小さいのでカーブよりも腕への影響は少ないと言われている。投手によっては、中指と薬指でボールを弾きながら手首を外側に捻る場合もある。手首を逆方向に回転させて投げる。

スクリューボールの変化

利き腕方向へ落ちる球種である。シンカーは沈む、スクリューは落ちる、と表現すると分かりやすい。
どちらの球種もシュート方向の横変化が見られる。

スロースクリューボール

スロースクリューはこのサイトのスクリューの握りで、中指と薬指の間から抜けていくよう投げます。

高速スクリューボール

スクリューをスナップをきかせて投げる。基本的に早く投げるのが高速スクリュー。
変化量よりも球速・キレを優先させて腕の振りを強く投げる。

スクリューボールのまとめ

日本の現役投手では、山本昌がスクリューボールを投げることで知られている。また、潮崎哲也のシンカーはシンカーと言うよりスクリューボールに近い。シンカーとスクリューを投げ分ける投手は非常に稀。最近では投げれる人も減ってきているので、習得できると強力な武器に。
本荘の池田投手は100キロ未満のスクリューを投げていました。このスクリューの投げ方をある雑誌の投げ方のコツを教えます。まず少し体をねじってそれから脂取り紙でサッと拭く感じで投げれば変化するそうです。


 


 

この記事もあわせて読まれています。


 

エースになりたい、プロになりたい人必見のDVD

「前田健のピッチングメカニズム論」は、今後本格的に投手を目指す方、さらにプロの世界で活躍することを目指している方は必見です!DVDを見終わったら、すぐにでも鏡を見ながら自分のフォームをチェックするはずです!

>>前田健のピッチングメカニズム論