様々な投手の疑問。投球のQ&A

Q,ボールに伸びがないといわれます・・・。

A,投球フォームがバラバラになっていないか?
ボールに力が伝わっていないためボールが失速しているのでしょう。
シャドーピッチングなどで自分のフォームを見直し、どこが悪いのか確認しましょう。
Q,コントロールが不安定です、どうしたらいいでしょうか。

エースになりたい、プロになりたい人必見のDVD

「前田健のピッチングメカニズム論」は、今後本格的に投手を目指す方、さらにプロの世界で活躍することを目指している方は必見です!3枚のDVDを見終わったら、すぐにでも鏡を見ながら自分のフォームをチェックするはずです!

>>前田健のピッチングメカニズム論

A,肘から先に出る腕の振り方になっている
大きな原因としてボールを離す位置がバラバラになっていることが挙げられます。
リリースポイントは最もバッターに近い位置で固定し、正しい腕の振りをすること。
肩に力を入れずに肘から先に腕を振ること。
Q、ボールを投げるほうの肘の使いかたが悪いといわれます。

A,テイクバックの時手の甲が上を向いている。
きちんとした肘の使い方をマスターしよう。
Q,ボールが軽いといわれる・・・。

A,肩が早く開いていないか??
悪い投球の代表として体が開いてしまうフォームがある。これは左足が着地する前に左肩が一塁方向に向いてしまうようなフォームである。意識して左肩を三塁側にやや向けて投球しよう。今よりボールに力を伝えれるはず。
Q,投げたあと、体が一塁に流れてしまいます。

A,左ひざが開いていないか?
原因に、踏み込んだときに左足のひざが早く開いていること。(一塁方向に向いている)
腰を回転させ投げ終えた後はキャッチャーに体が正対するように右足で着地する。
Q,威力のある速球が投げれない。

A,正しい体重移動をすること。
力いっぱい投げればいい訳ではない。力みすぎてはボールに力を注げない。
正しいフォーム、ステップなどで投げること。
Q,すぐバテてしまいます。

A,投球は長いイニングすべて全力で投げるのは不可能。
リリーフでは可能だが、長いイニング投げる場合は力を調節して投げること。
ここぞという場面や追い込んで三振をとりたい時に全力を使おう。


 

この記事もあわせて読まれています。

 


 

注目のピッチング教材はごらんになられましたか??


このトレーニングメニューは、既に誰が実践しても結果がでる実績とデータがあります。
ですから、あなたに10km/hの球速アップを保証します!

もし、トレーニングメニューを1年以内に 3ヶ月以上実践したにも関わらず、
効果が全く現れなかった場合、ご購入金額・全額をお返しすることを約束さてています、
本格派ピッチャーを目指すのであれば是非お試しください!!


>>短期間で球速が大幅アップ!森部氏が教える、ピッチングスピードアッププログラム

人気の野球上達情報をピックアップ!

沢村遼のメルマガを受講しませんか?

contact

野球・ソフトボールに長年携わってきた沢村遼が、あなたのためにピッチング・バッティング・走塁・守備上達方法を伝授します!沢村遼の【無料】野球上達メールマガジン&メルマガ講座を受講して、あなたの技術をさらに上達させませんか??
沢村遼の【完全無料】野球上達講座&メルマガ受講はこちらから