ピッチャーは投げた後は「9人目の野手」

ピッチャーは守備機会が多い。たとえばバント処理など、ゲームの大事な場面で守備をすることが多い。
投手のエラーで失点につながることもある。


左方向への打球はすべて反応する。

投手の守備機会が多い理由にはファーストのベースカバーである。ミスを防ぐためにも、自分より左に行った打球はすべて反応すること。キャッチできなくても投球後はファーストに即座にダッシュできる体制をつくることを心がけよう。

フットワークをよくすることが守備の要

打球にすばやく反応し、打球位置に対応、腰を十分に落とし安定したポジションで捕球し
ステップを使い送球すること。

投げっぱなしはダメ。捕球の体勢にも気をつける。

かならず投げた後は守備体制に戻ること。なお、半身にならないように体の正面でキャッチングすること。
なおバント処理は低いポジションをキープしボールを見ながらダッシュ。きちんとステップして投げること。
特にバント処理には気をつける。

ベースカバー

 

073102ベースカバー

ファーストゴロのファーストへのカバーはもちろん、サードやホームのバックアップも仕事のひとつ。
ベースではなく、ボールに対して体を向けてキャッチング。
ベースを踏んだ後はほかのランナーを必ずカバーすることを忘れない。


 


 

この記事もあわせて読まれています。


 

エースになりたい、プロになりたい人必見のDVD

「前田健のピッチングメカニズム論」は、今後本格的に投手を目指す方、さらにプロの世界で活躍することを目指している方は必見です!DVDを見終わったら、すぐにでも鏡を見ながら自分のフォームをチェックするはずです!

>>前田健のピッチングメカニズム論