コントロールを良くする方法・コントロールを磨く練習

コントロールを良くする方法というのはどれもものすごく地道な練習です。こういう地道な努力が出来ないとレベルの高い投手にはなれないということです。 練習方法はそれを補助するようなものだと思って下さい。ちなみに腹筋も重要です。腹筋が足りないと姿勢がぶれやすくフォームが安定しません。

エースになりたい、プロになりたい人必見のDVD

「前田健のピッチングメカニズム論」は、今後本格的に投手を目指す方、さらにプロの世界で活躍することを目指している方は必見です!3枚のDVDを見終わったら、すぐにでも鏡を見ながら自分のフォームをチェックするはずです!

>>前田健のピッチングメカニズム論

投手の正規の距離から

これは基本の練習です。壁やキャッチャーに対してきちんと実践と同じ距離から四隅へ投げるという正確なコントロールを身につける練習をすること。毎日の経験が実践で役立つのです。

工藤投手式

まず最初は10メートルくらいの位置から投げます。 その距離でどこからも文句が出ないくらいコントロールがついたら、次は1歩下がってまた同じことをします。 このようにしていくと、正規の距離まで下がったときにあなたにはかなりのコントロールがついている・・・と言う練習方法です。

投球フォームの改善

制球向上には、投球フォームをきちんとすること。まずは、自分にあった安定したフォームを実につけること。これが最低条件です。軸がぶれていたり、投球時にきちんと目標を見て顔を動かさないことなど・・・、フォームをチェックし、正しいフォームで投げることでコントロールは大きく調節することが可能となります。中途半端に腕を振るとリリースの感覚がばらつきます。必ず同じリリースポイントで投げること。

ボールを上に投げる練習

外で上を向いて寝る。そして出来るだけ高く上に向かってボールを投げてそれを素手でキャッチする。家でする場合は天井ギリギリに投げる。シンプルな練習だが指先の感覚をつかむのには適した練習。

軸足ジャンプ

まず投球時の軸足をレッグアップした状態のまま上に高くジャンプし、着地の時に静止する。
バランスが悪いと真上に飛ぶことが出来ない。軸足を強化する。

1本足反復キャッチボール

基本は、投げる腕の肘を肩よりも上げてトップを作る。トップを上手く作れたら、体を回転させる。そうすると腕の振りがしなるような感じで回転の良いボールが投げられるます。

この基本は、どのポジションについても当てはまります。ピッチャーの場合は、下半身を安定させて、バランス良く投げる事が大切です。その為の練習方法として、「1本足反復キャッチボール」を試して見ましょう。これが出来る様になると、もっと良い球が投げれる様になり、キャッチボールが今までより上手くなれます。

やり方は、足を上げて軸足1本で立ち、しっかり止まった所からスタート。基本を守りながらボールを投げたら、今度は踏み出した足で1本立ちをしましょう。蹴り足は、上げたままで地面につけてはいけません。グラグラとしない様に、3秒ほどしっかり止まる様に頑張りましょう。

しっかり止まれたら、蹴り上げた軸足を後ろに引き、スタートした時の足を上げた姿勢に戻って3秒ほど止まりましょう。これを反復しながらキャッチボールをしてみてください。投球バランスが良くなって、無駄な動きがなくなります。従って、コントロールが良くなるはずです。

ノックで鍛える

ノックというのは守備のトレーニングですが、実はピッチングにも良い影響があります。まず、ノックではボールを捕ってから早く送球を行おうとするためバックスイングがコンパクトになります。バックスイングがコンパクトだと、塁上にランナーがいたときに有利で、バッターもタイミングがとりにくくなります。

逆に送球時のコントロールを上げるためフォロースルーは大きくなります。長嶋終身名誉監督の現役時代の送球時の腕の伸ばし方が良く物まねされていますが、あのような大きなフォロースルーには実用的効果があります。ノックでは往々にして十分な体勢を取れないままボールを投げなければならず、そのため、送球フォームが一定になりません。

そのため、いろいろな送球パターンが脳内に蓄積されることになり、ピッチング時に「こうすれば、このようにボールが行く」といった予測をする勘が養われることになります。

かばぼこ板をストレートのように投げ、きちんと力を伝えることが出来ればまっすぐ飛び、失敗すると反れます。これを繰り返すことでよりボールに力を与えることが出来るようになります。晩年の川村投手などが実践していました。

コントロール術を習得する、ピッチング教材を利用するのもオススメ!!



この「野球ピッチャー上達革命」は、小学生から実践でき、+ 何が原因でコントロールが悪いのか+ どんな悩みの壁にぶつかっているのか個人の原因を探りながら練習できるようにしています。いま、他の選手よりコントロールが悪くても、コーチから『ボールは速いけどコントロールが悪い』と 言われる選手でも問題ありません。今回のトレーニング法を実践し、安定してストライクを取れる投球術を手に入れることができます。コントロールアップの返金保障もついていますので、ピッチング教材を是非確認してみてくださいね。
>> 野球ピッチャー上達革命~コントロールを良くする練習法~【元・西武三井浩二監修】DVD


 

 


 

注目のピッチング教材はごらんになられましたか??


このトレーニングメニューは、既に誰が実践しても結果がでる実績とデータがあります。
ですから、あなたに10km/hの球速アップを保証します!

もし、トレーニングメニューを1年以内に 3ヶ月以上実践したにも関わらず、
効果が全く現れなかった場合、ご購入金額・全額をお返しすることを約束さてています、
本格派ピッチャーを目指すのであれば是非お試しください!!


>>短期間で球速が大幅アップ!森部氏が教える、ピッチングスピードアッププログラム

人気の野球上達情報をピックアップ!

沢村遼のメルマガを受講しませんか?

contact

野球・ソフトボールに長年携わってきた沢村遼が、あなたのためにピッチング・バッティング・走塁・守備上達方法を伝授します!沢村遼の【無料】野球上達メールマガジン&メルマガ講座を受講して、あなたの技術をさらに上達させませんか??
沢村遼の【完全無料】野球上達講座&メルマガ受講はこちらから