掲示板相談解決済みQ&A

Q,現在2つ変化球があり、変化球に対して悩んでいます。エースになって、登板が多くなり、投げる機会が多いと、肩が壊れるんじゃないかと、心配です、どうすれば故障せずに済むでしょうか?ボールに伸びがないといわれます・・・。

A,いくつも変化球を持つより、現在持っている変化球を優先して磨くべきです。
例えば、フォークなどの変化球をウィニングショットレベルにまで磨きましょう。

1つでも自分の代名詞と言える武器になる変化球にすべきです。あとはタイミングをはずす程度で変化球を身につければ十分でしょう。確かに高校は登板することが多くなり、投球も多くなるとは思います。人によって強い弱いもありますが、投球前のウォームアップはもちろん、かならず投球後のクールダウンとアイシングをするように心がけてください。
投球後のケア


また、ゆっくりインナーマッスルを鍛えましょう。
インナーマッスルについて

大事なことは違和感を感じたら回復するまで休めること。投球のケアさえできれば
大丈夫でしょう。しっかり走りこみをして下半身を鍛え、体を使って投げることを覚え、
肩の負担を減らしてください。

Q,いつも立ち上がりが悪くコントロールが定まりません。
そして四球をだしてリズムが崩れてしまいます。

A,コントロールについてですが、話を聞くと、やはりプレッシャーの弱さから
乱れているのではないかと思います。

一応、コントロールを上げる方法は
http://henkakyuu.web.fc2.com/konto.html
こちらのページでご覧になれますが、これは技術の問題です。

立ち上がりが悪いと言うことは、やはりアップ不足ではないかと思います。徐々に投げていくとようやくコツをより戻して普段のコントロールができるということでしょう。投球前に、しっかり体と肩を温めて、5,6割程度の力でコントロールを重視してキャッチャーと練習しましょう。

また、フォームやリリースがずれてないのか確認してください。メンタル面ですが、大事なことはフォアボールを恐れないこと。恐れるあまり、思い通りの投球にならなくなってしまいます。しっかり自分を信じてミットから目を離さずに、頭をぶらさずに投げることを忘れないでください。

また、フォアボールでもかまわないから思いっきりスナップと下半身を使って、腕を振りぬくこと。自信がこもっていればボール球でもついバットを振ってしまうはずです。大事なことは自分の投球に自信を持つことです。

Q,ピッチャーをしたいんですが、どんな練習や筋トレをすればいいか教えてください。

A,基本となるのは、下半身を作ること。ランニングは必ず重要視しましょう。

技術的なことを書くならば、変化球の球種としては高校1年の間はカーブなど1つで十分だと思います。中学生で身体の負担を考えるならば多すぎるくらいです。成長期なので変化球の多投は避け、ストレートの威力、精度を高めてください。大事なのは球速よりもコントロールを磨くこと。荒れ球の130キロより、制球のよい110キロの方が信頼できます。

食事には気を遣ってください。栄養バランスの良い食事を心がけ必ず1日3食以上は食べてください。今、一番大切なのは身体を作ることです。球速は気にするなと書きましたが、しっかり食べてトレーニングに励めば、2~3年後には140キロを投げられるようになります。

球速の上げ方については、こちらのページも参考にしてください。
http://henkakyuu.web.fc2.com/kyusokuwoageru.html
http://henkakyuu.web.fc2.com/nouryokuup.html
http://henkakyuu.web.fc2.com/inna-massuru.html

コントロールについてはこちらです
http://henkakyuu.web.fc2.com/konto.html

しかし、無理は禁物です。休めることをしないと、肩を壊してしまいます。
あせらずじっくり鍛えましょう。


 


 

この記事もあわせて読まれています。


 

エースになりたい、プロになりたい人必見のDVD

「前田健のピッチングメカニズム論」は、今後本格的に投手を目指す方、さらにプロの世界で活躍することを目指している方は必見です!DVDを見終わったら、すぐにでも鏡を見ながら自分のフォームをチェックするはずです!

>>前田健のピッチングメカニズム論